スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Googleリーダーの代替えRSSリーダーは「netvibes」にしました。

 Googleリーダー(Google Reader)のサービス廃止が予告されてからもう3ヶ月が過ぎ去ってしまいました。いくつかの代替え候補の中から自分が選んだのは「netvibes」というサービスを選択しました。

RSSリーダーに求める機能は何だったのか?

個人的には、RSSリーダーで登録したサイトの情報を全部読むなんてバカなことをするわけ無いだろ?っと思いつつ、RSSリーダーは古いと断ずる論調のサイトとかも閲覧してましたが、少なくとも自分はRSSリーダーでタイトルを一覧表示させて流し読みして興味が湧いたのだけ記事を読む程度なんだけどなぁ。


そんなわけでRSSリーダーに求めるのは、

  • タイトル一覧表示が出来る。(いちいち全部の記事を読みたいわけじゃない)
  • 日本語で表示が出来る方がいい。(いちいち理解するのがめんどくさい)
  • PCだけで閲覧出来ればい。(いちいち他のデバイスでなんか読むわけも無い)
  • 並び替えくらいは出来たほうがいい。(いちいち並び替えも出来ないんじゃやる気がしない)

このくらいの機能みたいな感じになりますね。

やっぱり「netvibes」が一番マシな気がしたから選択

代替えのRSSリーダーとして、最初に使ってみたのは「livedoor Reader」ですが、これはリーダー上で全ての記事を読みたい人向けのように感じてしまいました。タイトルの一覧表示が出来ないということが、どこにも書いてなかったなぁ。


次に試したのは「netvibes」なのですが日本語で表示できることを知らなかったので驚きました。タイトルの一覧表示もできますし、並べ替えも簡単に出来ました。ですが、データのインポートをした後で一部のサイトが読み込まれない事がわかりました。具体的には「アリスソフトの公式サイト」と「ビジュアルアーツの公式サイト」の両サイトのRSSが取り込めないですね。


さらに他のを試してみることにして「Feedly」を使ってみましたが、タイトルの一覧表示も出来ますし、「netvibes」では取り込めなかった(※)RSSもちゃんと取り込めました。英語表記なので、何が書いてあるのか理解するのがめんどくさいですし、PC以外のデバイスに対応していても個人的には何のメリットもないし、並べ替えすら出来ないので使う気はなくなっちゃいましたが...。


ということで3個しか試していませんが、「netvibes」を使っていくことにしました。要するにどれが今後生き延びるかとかはまったく考慮せずに自分自身の好き嫌いだけで決めました。まぁ、Chromeの拡張機能の「Extensity」で簡単にどちらも有効/無効が切り替えられるからいいかなぁ。


※.後にGoogleリーダーから独立したあとでは取り込めなくなっていることが判明しました。


前の記事:2013年7月1日でGoogleリーダーはサービス廃止


スポンサーサイト

タグ : netvibes Google_Reader 

拍手する

スポンサードリンク

【関連する記事(zenback)】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

【広告看板】 
UUカウンター
+6500以上?
現在の閲覧者数:
PVカウンター
次のキリ番は90万です
Twitter
Twitterの過去の
まとめはtwilogバナー
記事のランキング

ブログパーツ

リンク集:ブログ
リンク
アクセスのランキング

アクセスランキング

CG使用許可番号
CG使用許可番号0166
プロフィール
記事に関連しないコメント等は
ゲストブックにお願い致します

ロギラキ

Author:ロギラキ
level:52/150
プロフへのリンク
 ブクログ

【商品リンク】

VF-19 ADVANCE
超時空要塞マクロス
VF-1J アーマードバルキリー
超時空世紀オーガス
オーガス
鋼鉄ジーグ
宇宙円盤大戦争
UFOロボグレンダイザー
銀河旋風 ブライガー
電人ザボーガー
ストロングザボーガー お売りください。駿河屋です。
FC2拍手数(ロギラキ遷紀)
公開したのは【1529】記事
拍手が貰えたのは【1338】記事
応援バナー
応援しています♪
萌えゲーアワード2015 バナー ユニゾンシフト:ブロッサム新作応援中
ブログランキング
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン このBlogのはてなブックマーク数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。